物件を見る目がつく 分譲マンションの知識

なぜ中層階に人気が集中するのか

どんなものにも人気の傾向というものがあり、もちろんマンションにも人気の傾向というものがあります。
みなさんは、分譲マンションの人気階数はどこだと思いますか?
やはり展望もよく騒音の問題が少ない高層階が人気だと思いますか?
実は、意外にも中層階に人気が集まる傾向があるのです。
なぜ、中層階が人気を集めているのでしょうか。
その理由は3つあります。
ひとつめは「価格」です。
分譲マンションというのは高層階にいけばいくだけ値段が高くなります。
24階建てのマンションであった場合、中層階である10階と最上階では500万円以上の価格差があることも珍しいことではないため、安い中層階に人気が集中するのです。
二つめは、「防犯性」です。
低層階はもちろん防犯性は低いと言われているのですが、実は空き巣の侵入率で2位になっているのが最上階なのです。
屋上から侵入できる最上階は実は防犯性が低いのです。
そのため、中間にあり1階からも屋上からも遠い中層階が防犯性が高いとされて人気なのです。
そして三つめが「倍率」です。
基本的に分譲マンションは希望する部屋が重なってしまった場合には、抽選で購入者が決定されます。
もしもこの抽選に漏れてしまった場合には、人気が低い低層階などの部屋しか購入できなくなります。
もしそれが嫌なら他のマンションを探すしかありません。
しかし中層階というのは割と高さがあるのに人気も集中せず、倍率が低い場所であると言われているのです。
このような理由から中層階は人気を集めています。
しかし、分譲マンションは低層階にも中層階にも高層階にもそれぞれにメリットがあり、またデメリットがあります。
自分たちが求めているものがなんなのか、またメリットとデメリットを見たときに自分たちにとってメリットが大きくなるか、などなどさまざまな目線から考えて購入する分譲マンションを決める必要があるといえるでしょう。
人気だから、などの安易な理由で決めてしまうと後から後悔する可能性が高くなりますよ。