物件を見る目がつく 分譲マンションの知識

専用部分と共有部分

どの業界にも専門用語というのはあるものです。
当然ではありますが、分譲マンションなどを購入するときにも専門用語はたくさん出てきます。
その中でも特に押さえておきたい専門用語が「専有部分」と「共有部分」という言葉です。
この言葉はパンフレットやリーフレットの中にも頻繁に登場します。
では、どんな意味を持つ言葉なのかとご説明しましょう。
まずは「専有部分」です。
専有部分は「区分所有権」などの言い方もあります。
ちょっと難しい響きで「?」となってしまうかもしれませんが、要は実際に生活する部屋のことだと思ってください。
自分の財産として認められ、自分たちに所有権がある場所のことを専有部分というのです。
次に「共有部分」についてです。
共有部分はマンションに住んでいる人たちが共有して所有している部分となります。
つまり、自分の部屋の中以外は共有部分になるということです。
エレベーター、ゴミステーション、駐車場、廊下やエントランスなどはすべて共有部分ということになります。
専有部分以外はすべて共有部分ということになりますから、当然マンションに何らかの施設などが併設されていればそれも共有部分ということになります。
こうした施設を併設しているマンションは最近多く見られますが、ひとつ注意点があります。
それは共有部分が増えることによって維持費用が増えて、月々の管理費の負担が増える可能性があるということです。
エレベーターやゴミステーションなどの場所というのは誰もが使う場所ですから管理費を払っていて損得はありません。
しかしプールやスポーツジムなどの施設というのは、住んでいる人の中にはまったく使わないという人もいることでしょう。
たとえ使わなかったとしてもその部分は共有部分となりますから、管理費がかかってきます。
分譲マンションを購入するときには、マンションに併設されている施設などもきちんとチェックして「本当に自分に必要な施設であるのか否か」を判断してから購入するようにしましょう。